教育・研修・介護のプロ集団として多くの人材を育成しながら時代のニーズに従って社会貢献を続けています
会社概要
協会のあゆみ
経営理念
介護職員初任者研修
事業所のご案内
NPO法人福祉センター
人材募集
個人情報保護方針
個人情報の利用目的
お問い合わせ
職員へのお知らせ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   研修事業情報

 
 実習施設

 
 ◆協力実習機関の名称・住所
 

特別養護老人ホーム 中川の里 (介護老人福祉施設)
  − 横浜市都筑区南山田2丁目39-35

介護老人保健施設 ウェルケア新吉田
  − 横浜市港北区新吉田町6028-1

介護老人保健施設 ベルディーナ高田
  − 横浜市港北区高田西3丁目1-12

社会福祉法人あさひ
  − 横浜市鶴見区豊岡町7-10 パーライトビル8F


 
 
 ◆協力実習機関の介護保険事業の概要
 

特別養護老人ホーム 中川の里

入浴、排せつ、食事の介護、日常生活の世話、機能訓練、健康管理、及び療養上の世話を行う施設です。要介護1〜5の方が利用できます。 入所申込みは「入所申込受付センター」で一括して受付けます。 

介護老人保健施設 ウェルケア新吉田 介護老人保健施設 ベルディーナ高田

利用者が自立した日常生活を営むことができるよう、日常生活のリハビリ等を行いながら、在宅生活復帰を目指す施設です。在宅生活の復帰を目的としているため退所して家庭での生活ができるか定期的に検討します。 入所申込は各施設が定めた所定の申込書を各施設から入手し直接申込みます。 

社会福祉法人あさひ

介護要員養成研修、訪問介護・介護予防訪問介護、訪問看護・介護予防訪問看護・福祉用具貸与・介護予防福祉用具貸与、居宅介護支援・介護予防支援等の事業を行っています。介護要員養成は開始して40年になり多くの訪問介護員を世に送って来ました。
社会福祉法人あさひ 福祉協会たすけあい事業所: 横浜市港北区菊名6-2-11
社会福祉法人あさひ 福祉協会つるみ事業所:横浜市鶴見区豊岡町7-10 

社会福祉法人あさひ つるの里 社会福祉法人あさひ ケアホームらら・りり・るる

障害者自立支援法に基づく障害福祉サービス事業を行っています。共同生活介護(ケアホーム)らら・りり・るるでは障害者が夜間や休日、共同生活を行う住居で相談や日常生活上の援助を行っています。 作業所つるの里は障害者の日常での排泄、食事、入浴等の介護をおこなっています。創作的な活動や生産活動の機会を提供しています。また知識や能力の向上のために必要な訓練をしています。

 
 
 ◆協力実習機関の演習担当者名
 

特別養護老人ホーム 中川の里
   演習担当者 飯沼孝道

介護老人保健施設 ウェルケア新吉田
   演習担当者 大野桂一・佐久間晴久

介護老人保健施設 ヴェルディ―ナ高田
   演習担当者 吉成哲一・山口千賀子・今須英行

社会福祉法人あさひ 福祉協会たすけあい
   演習担当者 加藤由子・神園千代子

社会福祉法人あさひ 福祉協会つるみ
   演習担当者 武田幸子・��内貴子

社会福祉法人あさひ つるの里
   演習担当者 藤井優子

社会福祉法人あさひ ケアホームらら
   演習担当者 田中英紀

社会福祉法人あさひ ケアホームりり
   演習担当者 佐藤せい子

 
 
 ◆実習プログラム内容・プログラムの特色
 
 ○特別養護老人ホーム
 
 基本的な実習プログラム内容 
 
 入居者の介護(食事介助、入浴介助、排泄介助)実習を行う 10:00ベッドメーキング脳トレ等・嚥下体操
9:00 オリエンテーション ディサービス
9:30 洗濯準備・洗濯物のたたみ コミュニケーション
11:15 お茶のみ準備・介助 口腔ケアー
12:00 食事介助 昼食配膳
13:00 休憩  
14:00 館内見学等 利用者とのゲーム遊び
14:30 入浴介助 利用者持ち物お渡し
15:30 おむつ交換・汚物処理等見学等 おしぼり配布・後片づけ
16:00 コミュニケーション 送迎開始
17:00 衣類、タオル、おむつ等整理整頓  
 

実習プログラムの特色

高齢者である利用者とコミュニケーションを図れるようになること。 また、自立支援を目的に介護で必要な身守りや援助等について体験してもらう。美味しく食事をとる食事介助方法、しわのできないベッドメーキングなど体験してもらう 自分の思い込みに成らない、利用者に必要な介護、尊厳を考える介護をめざす 

 ○介護老人保健施設  ディケアーの一日
 
 基本的な実習プログラム内容
 
タイムスケジュール 実習生の流れ(10:00〜17:00)
8:50 送迎開始  
10:00 朝の挨拶 オリエンテーション 利用者に紹介
10:15 入浴開始 入浴介助方法及び浴室内(機械浴)説明 脱着介助 入浴後のドライヤー
12:00 口腔体操 利用者と一緒に実施
12:10 昼食・口腔ケア 食事の配膳
休憩
13:00 趣味活動 利用者との交流(作業やゲームを一緒に実施)
14:00 レクレーション体操 利用者との交流(レクレーション体操)
15:15 帰りの準備 身支度野お手伝い
15:50 帰りの挨拶 利用者への一言
16:00 送迎開始 利用者お見送り  実習記録の作成
17:00 送迎修了 質疑応答  実習終了
 

実習プログラムの特色

高齢者である利用者とコミュニケーションを図れるようになること。 また、自立支援を目的に介護で必要な身守りや援助等について体験してもらう。 

 
 ○訪問介護(8:30〜13:00の間で1時間〜3時間の介護実習)
 

実習プログラム内容

高齢者・障害者の同行訪問実習を行う(居宅介護実習) 訪問予定の利用者宅玄関前にて同行ヘルパーと待ち合わせ。 ヘルパーの指導のもと訪問介護計画に沿って介護実習を行う。

実習プログラムの特色

高齢者である利用者とコミュニケーションを図れるようになること。 また、自立支援を目的に介護で必要な身守りや援助等について体験してもらう。 実習オリエンテーション時にて心得、注意点、マナーについて講義する 

 
 ○ケアホームらら・りり
 
 実習プログラム内容
 
15:00〜15:30 オリエンテーション 障害者支援説明
15:30〜16:00 ヘルパーの仕事内容の説明、利用者の1日の生活の説明
16:00〜17:00 利用者とのコミュニケーション
17:00〜18:00 料理作りを利用者と一緒に体験し、配善 を行う
18:00〜18:30 館内見学
18:30〜19:00 レポート作成・終了
 

実習プログラムの特色

障害者(知的障害者・精神障害者)の日常生活の体験から障害者の生活困難さについて、またコミュニケーションのとり方について学ぶ 利用者の介護(食事介助、入浴介助)実習及びレクリエーション参加体験等おこなう 障害者ケアホームでの生活実態を支援員と共に体験し、障害者の生きづらさやまた、生き甲斐についても理解を深める 

 
 
 ◆実習中の指導体制・内容(振り返り、実習指導等)
 

訪問介護(8:30〜12:00の間で1時間〜3時間の介護実習)

高齢者・障害者の同行訪問実習を行う(居宅介護実習) 訪問予定の利用者宅玄関前にて同行ヘルパーと待ち合わせ。 ヘルパーの指導のもと訪問介護計画に沿って介護実習を行う 実習オリエンテーション時にて心得、注意点、マナーについて講義する 

特別養護老人ホーム、介護老人保健施設

実習中は担当スタッフが付き添い指導を行います。 実習中の不明点や疑問点はその都度対応していく。 高齢者介護施設(特養・老健)での生活実態を職員と共に体験し、多様な介護サービスの必要性を体得する。 実習オリエンテーション時にて心得、注意点、マナーについて講義する 

ケアホームららりり 

障害者ケアホームでの生活実態を支援員と共に体験し、障害者の生きづらさやまた、生き甲斐についても理解を深める 研修を通じて学んだこと、今後継続して学ぶべきことを振り返る 根拠に基づく介護についての要点(利用者の状態像に応じた介護と介護過程、身体、心理、社会面を総合的に理解するための知識の重要性、チームアプローチの重要性)について学ぶ

 
 
 ◆協力実習機関における延べ人数
 
  1. 特別養護老人ホーム 中川の里:

  2. 介護老人保健施設 ウエルケアー新吉田:

  3. 社会福祉法人あさひ 福祉協会たすけあい:

  4. 社会福祉法人あさひ 福祉協会つるみ:

  5. 社会福祉法人あさひ ケアホームらら・りり・るる:

 
 

研修機関情報

研修事業情報

  ●法人情報   ●研修の概要
  ●研修機関情報   ●研修カリキュラム
  ●修了評価
  ●実習施設
  ●課程編成責任者

講師情報

実績情報

  ●講師情報   ●実績情報

連絡先等

質を向上させるための取り組み

  ●連絡先等   ●質を向上させるための取り組み
 

社会福祉法人あさひ

〒230-0062
神奈川県横浜市鶴見区豊岡町7-10 パーライトビル8F
TEL 045(642)3020 /  FAX 045(583)5743

このホームページに記載の内容および使用画面の著作権はすべて「社会福祉法人あさひ」にあります。無断転載等は固くお断りします。